世界日報 Web版

「優しさ」「未来」「希望」がテーマ、平和ともす


冬の風物詩「ひろしまドリミネーション2015」開幕

「優しさ」「未来」「希望」がテーマ、平和ともす

 広島市中心部の平和大通りなどで、城やツリーなどのオブジェをライトアップする冬の風物詩「ひろしまドリミネーション2015」が始まった。

 被爆70年の節目に当たる今年は、「優しさ」「未来」「希望」をテーマに、140万個の電球の輝きで幻想的な雰囲気を醸し出している。

 平和大通りの緑地帯に設置された、平和の象徴ハトをモチーフとしたメッセージボードや、灯籠流しのキャンドルをイメージした「平和の灯火」などのオブジェを赤や緑、青など12色の電球が照らす。今年で14回目。来年1月3日まで。