世界日報 Web版

テロ追悼集会に在日フランス人ら3000人集まる


ダナ駐日仏大使が団結と連帯を呼び掛ける

テロ追悼集会に在日フランス人ら3000人集まる

パリ同時テロの犠牲者を悼む集会で黙とうする人々=15日午後、東京都港区のフランス大使公邸

 パリ同時テロの犠牲者を追悼する集会が15日、東京都港区の駐日フランス大使公邸で行われ、在日フランス人ら約3000人が集まり犠牲者に黙とうをささげた。ティエリー・ダナ駐日大使は「軽蔑すべきテロ行為には民主主義が必ず打ち勝つ。これは自由との戦いだ」と強調、団結と連帯を呼び掛けた。

 パリから半年間の交換留学に来ている女子大生(23)は「言葉がない。非常に衝撃を受けている」と目を潤ませつつ、「家族や友人と離れて不安だが、こうして集まって団結できるのはいいことだ」と話した。仏文化に関する雑誌の編集長を務める丸山有美さん(38)は「9月に休暇でパリに行ったばかり。多くの人命が失われ、胸がふさがれる思いだ」と表情を曇らせた。集会には舛添要一東京都知事も参加した。

 集会後、インターネット上の呼び掛けに応じた人々がJR渋谷駅前に集まり、エッフェル塔に見立てたマークを掲げて平和を訴えた。(時事)