世界日報 Web版

高橋由伸巨人新監督、逆風の船出を上昇気流へ


「強い覚悟」でかじ取り、背番号は変わらず「24」

高橋由伸巨人新監督、逆風の船出を上昇気流へ

就任の記者会見でポーズを取る巨人の高橋由伸新監督=26日午後、東京都千代田区

 就任会見で、巨人の高橋由伸新監督は何度も「覚悟」という言葉を口にした。現役引退の決断と同時に、名門球団のかじ取りを担うことになり、「強い覚悟を持たないと前に進めない」。笑顔は一切なかった。

 戦力的に充実しているチームを引き継ぐわけではない。リーグ4連覇を逃した今季は、打率がリーグ最下位に低迷。主力に衰えが目立ち、不振の中心選手をカバーする若手の台頭も少なかった。

 加えて今、所属選手の野球賭博問題で大きく揺れている。そんな中で白石オーナーからは「逆風が吹いてくるチームを上昇気流に乗せる指揮官」と、期待されて指名を受けた。12球団最年少となる新監督は「グラウンド内外で、一社会人として規律ある集団でなければ」と襟を正した。

 新たな船出は華々しいものではなく、荒波の中を進むことになる。白石オーナーは「早急に成果は求めない。必要な時間は考慮する」と言うが、常勝を義務づけられたチームであることも確かだ。

 選手として勝利への重圧を背負ってきた背番号「24」は、監督としてどう手腕を発揮するのか。「先輩の伝統を守りながら、自分らしさを見せたい」。大きな壁に立ち向かいながら、巨人に新しい風を吹き込んでいく。