世界日報 Web版

北海道など1道8県の一部地域でスタート


マイナンバー制度の「通知カード」の配達

北海道など1道8県の一部地域でスタート

「通知カード」の配達が23日スタートし、北海道砂川市の砂川郵便局では、同日昼ごろから局員が管内にある上砂川町の住民宛ての360通を配り始めた

 社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度で、12桁の個人番号を割り振った「通知カード」の配達が23日、北海道や徳島県など1道8県の一部地域でスタートした。今後、全国各地で郵送作業が始まり、政府は11月末ごろまでに国内の全住民へ約5500万通を配り終える計画だ。

 通知カードは郵便受けへの投函(とうかん)ではなく、受取時にサインが必要な簡易書留で世帯宛てに届く。配達時に受取人が不在の場合、ピンク色の不在票が入れられ、1週間以内なら担当の郵便局が再配達する。

 通知カード記載の個人番号は社会保障や納税などさまざまな行政手続きで必要となる。長期の海外滞在者や住民票の住所を変えないまま転居した人などは、カードを受け取れない恐れがあり、総務省の担当者は「住んでいた市区町村に転居先などを連絡して、必ず受け取ってほしい」と呼び掛けている。