世界日報 Web版

監督会議でジャブ出し合う、真中監督が先勝?


予告先発の採用をめぐり、24日から鷹と燕が頂上決戦

監督会議でジャブ出し合う、真中監督が先勝?

日本シリーズ開幕を翌日に控え、打撃練習をするヤクルトの山田=23日、ヤフオクドーム

 予告先発の採用をめぐり、新人監督同士が監督会議でジャブを出し合った。工藤監督がレギュラーシーズンにならって採用を提案。真中監督にやんわり拒否されると「じゃんけんで」と迫った。しかし、「合意がなければ、ないのでは」と真中監督はしっかり抵抗。結局、採用されなかった。

 日本シリーズで予告先発を行わないのは3年ぶり。一本取られた形の工藤監督は会議後、「仕方ない」。真中監督は「メンバー構成上(予告)しない方がいいと思った」と明かし、工藤監督の表情について問われると「微妙な反応でした」とにやり。