世界日報 Web版

NASAが発表、火星に今も水の流れか


最も確かな証拠発見、火星周回探査機の観測結果を分析

NASAが発表、火星に今も水の流れか

「筋」が現れている火星の表面=米航空宇宙局(NASA)提供(EPA=時事)

 米航空宇宙局(NASA)は28日、「火星で今も水が流れていると考えられるこれまでで最も確かな証拠を発見した」と発表した。液体の水があれば生命が存在する可能性につながるほか、将来の有人火星探査での活用も期待される。

 NASAによると、温度が氷点下23度より高い季節になると、火星の表面に水が流れているような黒ずんだ「筋」が現れ、気温が低くなると消える。

 火星周回探査機「マーズ・リコネサンス・オービター」による観測結果を分析したところ、斜面にある筋では塩を多く含んだ水が流れたとみられることが判明した。塩には水の氷点を下げる効果がある。

 これまで火星にはかつて大量の水があったことが分かっている。川のような「筋」の存在から、流水の可能性も指摘されていた。(ワシントン時事)