世界日報 Web版

しらせ、南極昭和基地へ出発


多くの人に見送られ、出航する南極観測船「しらせ」=8日午前、東京・晴海

艦長「氷にチャレンジ」-東京・晴海

 南極観測船(海上自衛隊砕氷艦)「しらせ」(1万2650トン、日高孝次艦長)が8日午前11時すぎ、東京・晴海から南極・昭和基地へ出発した。第55次観測隊(隊長・宮岡宏国立極地研究所准教授ら約60人)の大半は23日にオーストラリアで乗船し、12月中旬から昭和基地沖を目指す。来年4月7日に晴海に帰る予定。

 しらせは2年連続で分厚い海氷に基地接岸を阻まれ、ヘリコプターなどでの物資輸送に苦戦した。今回は搭載の大型ヘリ1機に加え、チャーターヘリを中型と小型1機ずつに増強して越冬隊用燃料や資材、食料などを運ぶ。

 日高艦長は出発式で「南極の氷は今回も厳しいことが予想されるが、一致団結してチャレンジしてきます」とあいさつ。乗組員約170人の家族らが見送った。

 55次隊は南極最大の大気レーダー「PANSY(パンジー)」を85%完成させ、地球の気候変動解明に重要な大気循環の観測を目指すほか、湖沼の生態系や山地の地殻変動の調査、オーロラ観測などに取り組む。