世界日報 Web版

舛添会長「世界に日本の魅力を発信したい」


ラグビー19年W杯組織委、明治記念館で初会合

舛添会長「世界に日本の魅力を発信したい」

ラグビーボールを持ち記念撮影する御手洗冨士夫会長(左から)と舛添要一会長、平尾誠二・組織委員会事務総長特別補佐=15日、東京都港区の明治記念館

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)2019組織委員会は15日、ラグビーフットボール協会と開催都市の代表、関係大臣らを集めて東京都港区の明治記念館で初会合を行った。

 同委員会の御手洗冨士夫会長は、アジア初の開催となる同大会は日本がアジアにラグビーを広める役割があるとした上で、「地方創生や経済活性化、2020東京五輪成功のためにもラグビー・ワールドカップを成功させたい」とあいさつ。

 開催自治体協議会の舛添要一会長(東京都知事)は「本大会と翌年の東京五輪という世界が注目する大会が2年連続で行われる。皆さんと一丸となって、世界に日本の魅力を発信していきたい」と語った。