世界日報 Web版

日光東照宮「400年式年春季例大祭」


徳川家康公を偲ぶ400年回忌

日光東照宮「400年式年春季例大祭」

 栃木県の日光東照宮は、今年が徳川家康公の400年回忌にあたり、メーンの行事である「400年式年春季例大祭」が5月17日(日)から三日間にわたって繰り広げられる。

 17日の式年大祭には、装束をまとった徳川宗家18代当主や徳川一門の当主ら関係者約300人が参列し、神事を盛り上げ、流鏑馬(やぶさめ)が奉納される。

 18日に行われる「百物揃千人武者行列(神輿渡御際)」は、徳川家康の神霊を駿府久能山から日光に改葬した際の行列を再現したもので、神輿(みこし)を中心に神職はじめ鎧(よろい)武者、弓持ち、鉄砲持ちなど総勢1200人余りが参道を往復するさまは圧巻。

 19日には400年式年大祭を祝う「奉祝大祭」が行われ、国際空手道連盟極真会館による奉納演武が行われる。