世界日報 Web版

「SORAA」が横浜に日本オフィスを開設


中村修二氏が米国で創設したLED企業、日本で売り上げ拡大を

「SORAA」が横浜に日本オフィスを開設

発光ダイオード(LED)企業「SORAA(ソラー)」の日本オフィス開設を祝う中村修二氏(左から2人目)ら=23日、横浜市中区

 ノーベル物理学賞を受賞した中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授らが米国で創設した発光ダイオード(LED)企業「SORAA(ソラー)」は23日、横浜市で日本オフィスの開設セレモニーを行った。ソラーは、自然光に近い発色のLED照明をホテルやレストランなどに販売しており、営業拠点設立により日本での売り上げ拡大を目指す。

 ソラーは、欧米やアジアなど約40カ国でLED照明を販売し、2014年の売上高は約40億円。営業拠点の開設は米国、英国に続き3カ国目となる。15年の日本売り上げを前年比2倍の3億円に拡大させたい考えだ。

 技術アドバイザーの立場でソラーに参画する中村氏はセレモニーであいさつし、「照明デザイナーが喜ぶ、きれいな照明を日本でもぜひ使ってほしい」とアピールした。

 ソラーのLED照明は、紫色のLEDに赤、青、緑の蛍光体を合わせて白色にし均質な光を出せるほか、一般的には四角形のLED素子を三角形にすることで、光をスポットライトのように集中して当てることもできるのが特長だという。