世界日報 Web版

気象庁、大雪や暴風や高波に警戒を呼び掛け


あすにかけ北日本と北陸で強い冬型の気圧配置となるため

気象庁、大雪や暴風や高波に警戒を呼び掛け

雪が降る中を通勤する人たち。後方はJR東京駅=30日午前、東京・丸の内

 気象庁は30日夕、前線を伴う低気圧が急速に発達しながら北日本(東北と北海道)の太平洋側を北上し、強い冬型の気圧配置となるため、北日本と北陸では2月1日にかけて大雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。北海道では猛吹雪が予想され、交通の乱れにも注意が必要。

 低気圧は30日朝から夕方にかけて九州沖から東海沖へ進み、西・東日本で雨や雪が降った。関東甲信では山沿いで雪が続き、雪がやんだ平地は路面が凍結する恐れがある。

 31日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北海道と北陸50センチ、東北40センチで、その後も増える。31日の最大瞬間風速は北海道35メートル、東北と北陸30メートル、波の高さは北海道7メートル、東北と北陸5メートルの見込み。北海道の太平洋側東部沿岸は高潮にも注意が必要。