世界日報 Web版

トヨタ自動車、17年から世界ラリー選手権復帰


小林可夢偉はスーパーフォーミュラに参戦

トヨタ自動車、17年から世界ラリー選手権復帰

世界ラリー選手権復帰に向け、開発中のモデル車両の前でポーズを取るトヨタ自動車の豊田章男社長=30日、東京都内

 トヨタ自動車は30日、東京都内で2015年のモータースポーツ活動発表会を開き、世界ラリー選手権(WRC)に2年後の17年から参戦することを正式発表した。通算43勝を挙げた1973~99年(96~97年は休止)の第1期以来、18年ぶりの復帰となる。

 参戦する車両はヤリス(日本名ヴィッツ)をベースとしたヤリスWRCとなる。豊田章男社長は「復帰ではなく、初めての参戦というのが現実と思う。一からチームと車を鍛え、参戦に向け一歩一歩準備を進めていきたい」と抱負を述べた。

 また、昨年ケータハムからF1世界選手権に参戦した小林可夢偉が、トヨタ・エンジン搭載車のチーム(ルマン)から、全日本選手権スーパーフォーミュラに参戦することも発表された。

 トヨタが参戦4年目となる世界耐久選手権には、中嶋一貴らの1号車を含む2台体制で臨み、伝統の第3戦ルマン24時間で初優勝を目指す。