世界日報 Web版

川成改め天風、堀切改め阿炎、石浦が新十両に


日本相撲協会、両国国技館で春場所の番付編成会議

川成改め天風、堀切改め阿炎、石浦が新十両に

師匠の尾車親方(右)と会見に臨む新十両の川成改め天風=28日午前、東京都江東区の尾車部屋

川成改め天風、堀切改め阿炎、石浦が新十両に

新十両昇進を決め、喜ぶ阿炎。右は師匠の錣山親方=28日、東京・両国国技館

川成改め天風、堀切改め阿炎、石浦が新十両に

師匠の宮城野親方(左)とともに新十両昇進会見に臨む石浦=28日、東京都墨田区の宮城野部屋

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で春場所(3月8日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の番付編成会議を開き、川成改め天風(23)本名川成健人、香川県出身、尾車部屋、堀切改め阿炎(20)堀切洸助、埼玉、錣山、石浦(25)石浦将勝、鳥取、宮城野の3人の新十両昇進を決めた。

 川成改め天風は、尾車部屋からは2012年夏場所の政風以来となる新十両。堀切改め阿炎は錣山親方(元関脇寺尾)が育てた3人目の関取で、豊真将、青狼に続いた。石浦は、鳥取県からは後に横綱に昇進した琴桜以来、53年ぶりの新十両となった。

 再十両は琴恵光(23)柏谷充隆、宮崎、佐渡ケ嶽、希善龍(29)亀井貴司、香川、木瀬の2人。

 19人の引退も発表された。