世界日報 Web版

はやぶさ2、天候悪化のため打ち上げを延期


悪天候で、来月1日以降に

600

はやぶさ2を搭載したH2Aロケット26号機の打ち上げが延期となり、記者会見する宇宙航空研究開発機構の国中均教授=28日午後、鹿児島県・種子島宇宙センター

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構は28日、小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載し、30日午後に鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げる予定だったH2Aロケット26号機について、天候条件の悪化が予測されるため、12月1日以降に打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ日は未定。

 記者会見したプロジェクトマネジャーの国中均宇宙機構教授は「天候ばかりは何ともしがたい。6年間のミッションで1、2日延びたからどうなるわけでもない。必ずいい天候が訪れるので、ぜひとも成功裏に打ち上げたい」と話した。

 三菱重工などによると、30日の打ち上げ時間帯は、雷を誘発する可能性がある「氷結層」を含む雲の発生が予想される。ロケットの電子機器などが影響を受け、正常に飛行できなくなる可能性があるという。

 今回は12月9日まで打ち上げが可能だが、この期間を逃すと地球と小惑星の位置関係などから、次の打ち上げは来年6月ごろになる。