世界日報 Web版

夕暮れに浮かび上がる温かな和紙のツリー


高さ4メートル幅2メートル、岐阜県美濃市で

夕暮れに浮かび上がる温かな和紙のツリー

 「和紙」のユネスコ無形文化遺産登録が決まり、喜びに沸く岐阜県美濃市で27日、和紙でできたクリスマスツリーが夕暮れの中浮かび上がった。

 和紙の街ならではのこのツリーは高さ約4メートル、幅約2メートルの美濃和紙製。和紙に特殊な加工を施し、雨が降る屋外でも設置できるようになったという。展示は12月25日まで。

 毎年秋に開催されるイベント「美濃和紙あかりアート展」の歴代優秀作品も周辺に展示され、和紙独特の温かな光が街を包んでいる。