世界日報 Web版

台東区の真多呂人形が「変わり雛」を発表


錦織圭選手ら、今年の世相を男女一対の人形に映す

台東区の真多呂人形が「変わり雛」を発表

 今年の世相を男女一対の人形に映した「変わり雛(びな)」が27日、東京・台東区の真多呂(またろ)人形で発表された。

 テニスの全米オープンでアジア男子初の準優勝を果たした錦織圭選手の「エアケイ」大健闘雛、東海道新幹線の開業50周年や群馬・富岡製糸場のユネスコ世界文化遺産登録をテーマにした雛人形などが目を引いた。

 登場した6点のなかには早々に辞任した女性閣僚2人の雛人形も。一般公開は来年1月4日から3月3日まで、同区の真多呂人形会館で。