世界日報 Web版

ロータリアンとスポーツ少年団が森で整備作業


上尾西ロータリークラブが「ロータリーデー」を催す

ロータリアンとスポーツ少年団が森で整備作業

 上尾西ロータリークラブ(日吉千穂重会長)は22日、地域奉仕で知られるロータリークラブを紹介する「ロータリーデー」を催し、埼玉県上尾市の丸山公園北側にある「ロータリーの森」で上尾市スポーツ少年団と合同で除草などの整備作業を行った。

 少年団から参加した野球24チームの小学6年生一同に「森の掃除がんばるぞ!」と掛け声の音頭を取った日吉会長が、森に日差しを入れる間引きの伐採をして作業開始。小学生の小さな手と保護者やロータリアンら大人の腕力が協力し合い、1000坪の森の枯れ木や草を片付けた。

 コナラのドングリから育てた苗木を500本植樹してから9年目。「子供たちが地球温暖化の環境問題を考える機会になり、木が育って市民の憩いの森になれば」(同会長)という期待を乗せ、森づくりは続く。