世界日報 Web版

復興支援でグルメの祭典「B-1グランプリ」


福島・郡山市、震災被災地で初開催

復興支援でグルメの祭典「B-1グランプリ」

震災復興支援を目的とした「B-1グランプリ」で、笑顔で料理を手渡す青森県十和田市の女子高校生たち=18日午後、福島県郡山市

 ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」が18日、福島県郡山市で開幕した。9回目となる今大会は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を支援する「東北・福島応援大会」と位置付けられ、被災3県での初の開催。参加した31道府県59団体の多くが、福島県産の食材を使った。

 青森県十和田市の「十和田バラ焼きゼミナール」は、甘辛たれで炒めた牛バラ肉などを白米に乗せた「バラ焼き」を提供。コメは福島県産だ。メンバーの畑中宏之さん(51)は、「福島の食材を使い、安全、安心をアピールすることで、一日も早い復興につなげたい」と訴える。同市の高校2年市沢愛さん(16)も「私たちの元気で笑顔を取り戻してもらいたい」と話した。

 阪神淡路大震災で被災した兵庫県明石市から来た「あかし玉子焼ひろめ隊」も、同じ思いで福島県産の卵を使った「明石焼き」を提供する。隊長の古志利宗さん(39)は「同じ震災経験者として、東北を元気にしたい」と笑顔で述べた。

 福島第1原発がある福島県双葉町出身の主婦(54)は「忘れないでいてもらえてうれしい。ありがたい気持ちでいっぱいです」と話した。

 2日間で約40万人の来場者が見込まれ、19日に来場者による投票でグランプリが決まる。