世界日報 Web版

米FRBの美術品展示会に浮世絵「錦絵」出品


日銀の貨幣博物館所有の46点、海外で展示するのは初めて

米FRBの美術品展示会に浮世絵「錦絵」出品

日銀が米連邦準備制度理事会(FRB)の美術品展示会に出品する浮世絵「東京駿河衛国立銀行繁栄図」(日銀提供)

 日銀は29日、米連邦準備制度理事会(FRB)の美術品展示会に浮世絵を出品すると発表した。出品するのは、「錦絵」と呼ばれる多色刷りの浮世絵で、日銀の貨幣博物館所有の46点。日銀が海外で貨幣博物館の所蔵品を展示するのは初めてという。

 FRBは1989年以降、秋の国際通貨基金(IMF)・世界銀行総会時に、各国の中央銀行の協力を得て展示会を開催している。これまでは欧州などの中銀所有の美術品だったが、今回、アジアの中銀として初めての出品となる。

 展示期間は29日から11月21日まで。観光客などもFRBに事前予約すれば見学できる。