世界日報 Web版

インド探査機「マンガルヤーン」、火星軌道に


アジア初の快挙、インド宇宙研究機関が昨年11月に打ち上げ

インド探査機「マンガルヤーン」、火星軌道に

24日、インド探査機の火星軌道到達を受けて、南部バンガロールのインド宇宙研究機関(ISRO)で演説するモディ首相(右)(AFP=時事)

 インド初の無人火星探査機「マンガルヤーン」が24日、火星の周回軌道に到達した。探査機の火星軌道への投入は、これまで米国と旧ソ連、欧州各国が共同で設立した欧州宇宙機関だけが成功。アジア初の快挙に、宇宙大国の仲間入りを果たしたと地元メディアは興奮気味に報じている。

 インド宇宙研究機関(ISRO)によると、マンガルヤーンは小型車ほどの大きさで、重さ1・35トン。半年にわたって火星を周回し、生命体の痕跡を示す大気中のメタンガスなどを測定する。

 今回の火星探査ミッションの予算総額は45億ルピー(約80億円)と格安だ。モディ首相は火星軌道到達を受けた演説で「ハリウッド映画の制作費より安い」とジョークを飛ばしつつ、「新たな歴史をつくった。おめでとう」とISRO職員をたたえた。

 マンガルヤーンは昨年11月、国産PSLVロケットで打ち上げられた。

 火星探査をめぐっては、日本が2003年に探査機「のぞみ」の火星周回軌道への投入を断念。中国は11年にロシアとの共同打ち上げに失敗している。(ニューデリー時事)