世界日報 Web版

警官コンビ「フリコマンダーGP」に漫才指南


宮川花子さんが岐阜県警で、振り込め詐欺防止に向け

警官コンビ「フリコマンダーGP」に漫才指南

振り込め詐欺の被害防止に向け、岐阜県警の警察官が結成した漫才コンビに指導する漫才師の宮川花子さん(左から2人目)=21日午後、愛知県東海市

 高齢者に振り込め詐欺への注意を呼び掛けようと、岐阜県警の警察官が結成した漫才コンビに、ベテラン漫才師の宮川大助・花子さんが21日、演技指導した。花子さんは大阪府警の元警察官で、経験を生かしてアドバイスした。

 漫才コンビは今年6月に結成した「フリコマンダーGP」。レベルアップのため県警が吉本興業に協力を依頼したところ、「警察官だった花子さんはどうか」と申し入れがあり実現した。

 コンビはこの日、愛知県東海市で行われた大助・花子さんの公演の合間に、控室で漫才を披露。花子さんは「めりはりを付け、優しいところは優しく。交通違反の切符を切るにも優しく接した方が切りやすい」などと指導した。

 終了後、花子さんは「漫才での注意喚起は本当にいいアイデア」と笑顔で評価。フリコマンダーGPの佐伯真也巡査部長(31)は「指導していただいた、人を引きつける話し方を生かしたい」と表情を引き締めていた。