世界日報 Web版

西武、本拠地西武ドームで初勝利


多彩な攻めで6得点を積み重ねる

西武、本拠地西武ドームで初勝利

ソフトバンクに勝利し喜ぶ西武ナイン=9日、西武ドーム

 本拠地の西武ファンが、今季初めて歓喜に沸いた。序盤に先手を奪い、終盤に追い上げられても、そのたびに突き放した。7安打ながら、多彩な攻撃で6点を積み重ねた。

 二回に相手守備の乱れに乗じて2点を先取。三回は木村が1号ソロを放った。3-2となった七回は代走斉藤の盗塁やヒットエンドランで好機を広げて1点をもぎ取り、再び1点差とされた八回は栗山が適時三塁打、浅村は犠飛と主軸が役目を果たした。

 八回、先頭打者で中前打した木村は言う。「点差が詰まったので、何が何でも塁に出ようと思っていた」。状況に応じた打撃に徹し、直後の二盗も効いた。伊原監督は「走れる選手が出れば、バッテリーは神経を使う。チャンスがあれば、どんどん仕掛けていく」。機動力野球に手応えをつかんだ。

 先発野上は走者を出しながら7回2失点で踏ん張った。前日、九回に痛恨の逆転2ランを浴びた十亀は、3点リードを守って汚名を返上した。「きょうは全員が全力で頑張った」と伊原監督。連敗を4で止めた価値ある白星を喜んだ。