世界日報 Web版

卓球ワールドツアーで躍進続く13歳の平野美宇


同い年の伊藤美誠と切磋琢磨(せっさたくま)

卓球ワールドツアーで躍進続く13歳の平野美宇

卓球のワールドツアー、スペイン・オープンの女子ダブルスで、前週のドイツ・オープンに続いて優勝を果たした平野美宇(左)、伊藤美誠の13 歳ペア=6日、スペイン・アルメリア(日本卓球協会提供)

 6日まで行われた卓球のワールドツアー、スペイン・オープンで、13歳の平野美宇(エリートアカデミー)が史上最年少で女子シングルスの決勝に進んだ。

 初制覇が懸かった大一番では、格上のスウェーデン選手の巧みなブロックに対応できずに敗れた。しかし、同い年の伊藤美誠(スターツ)と組んだ女子ダブルスでは2週連続で優勝。日本卓球協会を通じ、平野は「(シングルスでは)目標より上に行け、強い選手に勝てた。決勝では課題が残ったが、全体的には良かった」とのコメントを寄せた。

 両親とも元選手で、3歳から競技を始めた。大きな注目を集めたのは、8歳で出場した2009年の全日本選手権ジュニアで1勝を挙げてから。その2年後には、全日本(一般)のシングルスで2勝を挙げ、福原愛(ANA)が持っていた同種目の最年少勝利記録を更新した。その後は中学進学を機に、日本オリンピック委員会(JOC)が有望な若手を強化するエリートアカデミーに拠点を移し、練習漬けの日々を送っている。

 所属は異なるが、4歳から一緒に練習する伊藤とは海外遠征などで多くの時間を共にしている。「自分がびびってしまった時、美宇ちゃんから声を掛けてもらって相手に向かっていけた」と伊藤。互いに刺激し合って成長してきた。

 夢は20年東京五輪に出ること。平野は「今後も練習を頑張って世界ランキングを上げ、世界選手権に出場できるようにしたい」と目を輝かせた。