世界日報 Web版

海部俊樹元首相が老衰のため死去、91歳


政治改革に取り組む、湾岸戦争では自衛隊初の海外派遣

海部俊樹元首相が老衰のため死去、91歳

海部俊樹(かいふ・としき)元首相


 
 海部俊樹(かいふ・としき)元首相が9日午前4時、東京都内の病院で老衰のため死去した。91歳だった。昭和生まれ初の首相で、リクルート事件で高まった政治不信を払拭(ふっしょく)するため、政治改革に内閣の最重要課題として取り組んだ。名古屋市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男正樹(まさき)氏。

 1960年の衆院選に旧愛知3区から自民党公認で出馬し、29歳で初当選。連続16回当選した。

 89年参院選での自民党大敗による宇野内閣退陣を受け、同8月、旧竹下派に担がれて第76代首相に就任した。91年の湾岸戦争では、多国籍軍に130億ドルを支援。自衛隊初の本格的な海外派遣として機雷を除去する海上自衛隊の掃海艇をペルシャ湾に送った。小選挙区比例代表並立制導入を柱とする政治改革関連法案が廃案になると「重大な決意」を表明、衆院解散を模索したが党側の同意を得られず断念。91年10月の総裁選立候補を辞退し、11月に首相を辞任した。

 94年、野党だった自民党が首相候補として村山富市社会党委員長の擁立を決めたことに反対して離党。連立与党の対立候補として国会での首相指名選挙に臨んだが敗れた。新進党の初代党首を務めた後、所属政党は自由党、保守党、保守新党と変わったが、2003年11月、保守新党の自民党合流に伴い、同党に復党。09年の衆院選で落選し、政界を引退。11年に桐花大綬章を受章した。

 故三木武夫元首相の「秘蔵っ子」として知られ、74年の三木内閣で官房副長官に起用され、頭角を現した。福田、中曽根両内閣で2度にわたって文相を務めるなど、文教行政にも取り組んだ。

 水玉模様のネクタイがトレードマーク。早大在学中は雄弁会に所属。巧みな弁舌で「海部の前に海部なし、海部の後に海部なし」と評された。