世界日報 Web版

ジャズピアニストの白崎彩子さんが死去


14歳でNHKラジオ番組に出演、世界各地で演奏活動行う

ジャズピアニストの白崎彩子さんが死去

白崎彩子さん

 白崎 彩子さん(しらさき・あやこ=ジャズピアニスト)11月29日、がんのため米ニューヨーク市内の自宅で死去、52歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は夫のトム・ランドマンさん。

 5歳でピアノを始め、14歳の時にNHKのラジオ番組「セッション」にピアニストとしては当時最年少で出演した。東京芸術大卒業後、97年に渡米。ニューヨークを拠点に欧米や日本、世界各地で演奏活動を行った。