世界日報 Web版

栗山英樹氏「選手を愛し精いっぱい務める」


野球日本代表「侍ジャパン」監督に、目標はWBC優勝

栗山英樹氏「選手を愛し精いっぱい務める」

野球日本代表「侍ジャパン」の監督に就任し、記者会見する栗山英樹氏=2日午後、東京都港区

 NPBエンタープライズは2日、東京都内で記者会見し、野球日本代表「侍ジャパン」の監督に今季まで10年間日本ハムを率いた栗山英樹氏(60)が就任すると発表した。任期は2023年3月に予定されている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)終了まで。

 栗山氏はWBC優勝を目標に掲げ、「日の丸をつけることの重さ、責任を心の底から感じている。誰よりも野球を愛し、選手を愛して精いっぱい務めさせていただく」と意気込みを語った。来年3月5、6日に東京ドームで行われる台湾との強化試合が初采配の場となる。

 井原敦強化委員長は、栗山氏の選考理由に、日本ハムの監督として2度のリーグ優勝や日本一に導いた指導力や発信力、これまでの野球界への貢献を挙げた。