世界日報 Web版

新選組の隊服を復元、京都・壬生寺で公開中


大丸京都店が老舗の協力を得て再現、公開は12月5日まで

新選組の隊服を復元、京都・壬生寺で公開中

壬生寺で公開されている復元された新選組の隊服=10月24日、京都市

 幕末に京都を舞台に活躍した新選組の隊服が復元され、京都市中京区の壬生寺の歴史資料室で公開されている。あさぎ色の麻地にだんだら模様の羽織が見る人を魅了している。期間は12月5日まで。

 新選組は、当時呉服屋だった大丸京都店で羽織を作ったと伝えられている。残された資料に基づき、同店が京都の老舗などの協力を得て再現。制作した2着のうち1着を新選組ゆかりの壬生寺に奉納した。同寺は「新選組が活躍した時代に思いをはせてほしい」としている。