世界日報 Web版

山内元文科副大臣を1億円横領容疑で逮捕


私的に土地購入、羽田格納庫の売買をめぐり資金を着服

山内元文科副大臣を1億円横領容疑で逮捕

山内俊夫元文部科学副大臣

 羽田空港の格納庫の売買をめぐり、自身が実質的な代表を務める会社の資金約1億円を着服したとして、警視庁捜査2課は28日、業務上横領容疑で、文部科学副大臣を務めた元参院議員山内俊夫容疑者(74)=東京都港区南麻布=を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2019年3月ごろ、格納庫の前所有者が未払いにしていた国有地使用料などを支払うため、実質的に代表だった合同会社「羽田空港格納庫」(渋谷区)が確保していた約1億円を着服した疑い。

 同課によると、同社は国有地使用料の支払いに備え約2億8000万円を弁護士に預けていたが、「ほかの目的に使われる可能性がある」との理由で山内容疑者が保管することになった。

 山内容疑者はこのうち約1億円を自身などが経営する別の二つの会社に送金。香川県東かがわ市と京都市にある私的な土地の取得代金などにそれぞれ約5000万円を充てたという。

 関係者などによると、山内容疑者は18年4月、格納庫を転売する目的で、高松市の不動産投資会社と共同で合同会社を設立。不動産投資会社が資金を計28億円提供し、山内容疑者らが購入手続きや転売先探しを担った。

 山内容疑者は逮捕前、時事通信の取材に対し、「あくまでも合同会社から借りた形だ。利益が出てから返金するつもりだった」と話し、着服を否定していた。

 山内容疑者は香川県議などを経て、1998年に自民党公認で参院議員に初当選。同党副幹事長などを歴任し、08年に福田康夫内閣で文科副大臣に就任した。10年に自民党を離党し、同年の参院選に立候補せず政界を引退した。