世界日報 Web版

EU、新変異株でアフリカ7カ国から渡航制限


加盟国が導入に合意、欧州委員長「全員が結束し動く」

EU、新変異株でアフリカ7カ国から渡航制限

26日、ブリュッセルで声明を発表する欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(AFP時事)

 欧州連合(EU)加盟国は26日、感染力の強い新型コロナウイルスの新変異株(オミクロン株)流入を阻止するため、7カ国からEUへの渡航制限措置を速やかに導入することに合意した。7カ国は南アフリカとボツナワ、エスワティニ、レソト、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ。

 既にイタリアは26日、マラウイを加えた8カ国に過去2週間に滞在した人の入国禁止を決定。ドイツも、南アからの外国人の入国を禁じ、帰国者に2週間の隔離を義務付けると発表した。フランスは7カ国からの渡航者受け入れを少なくとも48時間停止した。

 フォンデアライエン欧州委員長は26日、「欧州の全員が結束し迅速に断固として動くことが重要だ」と訴え、EUへの渡航の緊急停止措置を発動するよう加盟国に要請していた。新変異株はベルギーでも1人の感染が確認され、欧州各国は警戒感を高めている。(ブリュッセル時事)