世界日報 Web版

踏みとどまったオリックス、ジョーンズが決勝打


研ぎ澄まされた集中力でチーム救う、「神戸で日本一を」

踏みとどまったオリックス、ジョーンズが決勝打

9回、勝ち越しソロ本塁打を放つオリックスの代打ジョーンズ=25日、東京ドーム

 オリックスベンチは静まりかえった。3点リードの八回。救援のヒギンスが、山田に同点3ランを浴びた。明らかに流れはヤクルトへ。だが、今季のチームは何度も逆境をはね返してきた。底力を見せたのは、代打のジョーンズだった。

 九回。先頭で打席に入った助っ人は、相手守護神マクガフの失投だけを待った。2ボールから、浮いてきた速球。大振りせずコンパクトに振り抜いた。打球はファンが待つ左翼席へ。値千金の決勝ソロが飛び込んだ。

 代打での研ぎ澄まされた集中力はシーズンから折り紙付き。「自分の与えられた役割を果たそうとしっかり準備していた。大事な場面で打つことができてよかった」。ダイヤモンドを一周し、笑みがあふれた。

 「野球はジェットコースターのようなもの。一喜一憂するな」。米大リーグで実績を残したジョーンズが、若い選手に常に言い続けた言葉だ。切り替えて楽しむことを教えてきた打者が、瀬戸際に立たされたチームを救った。

 救援の不安定さは拭えないが、何とか勝った。次の2試合は慣れ親しんだほっともっと神戸に舞台を移し、エース山本、宮城の二枚看板が控える。「神戸で日本一を決めたい」と話していた監督の言葉を現実のものにできるか。