世界日報 Web版

ヤクルトが連勝でリード、サンタナが接戦にケリ


豪快に右中間へ逆転2ラン、チーム一丸でつかんだ勝利

ヤクルトが連勝でリード、サンタナが接戦にケリ

7回、逆転2ランを放つヤクルトのサンタナ=23日、東京ドーム

 ヤクルトは第2戦まで奥川、高橋と若い先発投手が引っ張ってきたが、この日は打線が奮起。2度の逆転で勝利を呼び込んだ。高津監督は「いろいろなミスもありながら、カバーする選手がいた。投手、野手を含め、次へつないでいこうという意識がきょうの展開につながった」と振り返った。

 まずは0―1で迎えた五回2死満塁。中村が中前にはじき返す2点適時打を放った。相手守備のミスも絡んで一挙3点。中村は二回無死一、二塁の第1打席で送りバントを決められず、最後は空振り三振に倒れていただけに、「バント失敗で僕が流れを切ってしまった。何としてでも、という気持ちだった」。汚名返上の一打にもなった。

 再び1点を追う展開となった七回は、2死一塁からサンタナが豪快な一発。右中間席に放り込み、「ベンチが一体となって、すぐに逆転するぞという雰囲気だった。最高の場面で打つことができた」と納得の表情。高津監督はベンチの前に飛び出し、右手を突き上げて喜びを表現した。

 チーム一丸で勝利をつかんでシリーズをリードした。ヒーローインタビューでサンタナは「まだ終わっていない」と余韻には浸らず、第4戦を見据えていた。