世界日報 Web版

岸田首相、経済安全保障法案策定の加速を指示


経済安全保障推進会議の初会合を開催、法案の策定進める

岸田首相、経済安全保障法案策定の加速を指示

「経済安全保障法制準備室」の看板を掲げる岸田文雄首相(右)と小林鷹之経済安全保障担当相=19日午前、東京都港区(代表撮影)

 政府は19日午前、経済安全保障政策に関係する閣僚が参加する経済安全保障推進会議(議長・岸田文雄首相)の初会合を開いた。首相は「(経済安保の)取り組みを抜本的に強化することが重要だ」と述べ、小林鷹之経済安全保障担当相に有識者会議を設け、関連法案の策定を加速するよう指示した。

 会議は松野博一官房長官と小林氏が副議長を務め、鈴木俊一財務相、萩生田光一経済産業相ら関係閣僚が参加。半導体や医薬品といった重要物資のサプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)化や人工知能(AI)など重要技術の育成に関する戦略を協議する。

 政府は来年の通常国会に重要物資の供給網強化支援措置などを盛り込んだ「経済安全保障推進法案」を提出したい考え。19日付で内閣官房に法制準備室を設置し、法案の策定、調整を進める。