世界日報 Web版

避難続く福島県双葉町、町役場の新庁舎が着工


来年6月に避難指示解除目指す、8月に業務開始の見通し

避難続く福島県双葉町、町役場の新庁舎が着工

新役場庁舎の起工式でくわ入れに臨む福島県双葉町の伊沢史朗町長(中央)ら=15日午後、同町

避難続く福島県双葉町、町役場の新庁舎が着工

福島県双葉町の新役場庁舎のイメージ図(同町提供)


 
 東京電力福島第1原発事故により全町避難が続く福島県双葉町で15日、JR双葉駅前に建設される新たな役場庁舎の起工式が開かれた。町は来年6月ごろに同駅周辺などの避難指示解除を目指しており、いわき市内に移している役場機能を戻し、同年8月末から新庁舎で業務を始める見通しだ。

 新庁舎は2階建てで、入り口には立ち寄った町民同士で交流できるような広場を設ける。また、屋上に太陽光パネルを設置するなどして、災害時の非常用電源を確保する。伊沢史朗町長は式典後、「役場や町の職員が早く戻って来れば、町民に安心して帰還してもらえる」と話した。

 双葉町は双葉駅周辺の避難解除に先立ち、帰還を希望する町民を対象に来年1月から準備宿泊を始める予定。同年秋には、都市再生機構が整備している集合住宅が完成するという。