世界日報 Web版

将棋の藤井聡太、最年少19歳3カ月で四冠に


4連勝で豊島将之竜王から奪取、28年ぶりの記録更新

将棋の藤井聡太、最年少19歳3カ月で四冠に

第34期竜王戦7番勝負の第4局に勝ち、感想戦で対局を振り返る藤井聡太四冠(右)。左は竜王を失冠した豊島将之九段=13日午後、山口県宇部市(代表撮影)

将棋の藤井聡太、最年少19歳3カ月で四冠に

四つ目のタイトルを奪取して最年少記録で四冠となった藤井聡太新竜王=13日午後、山口県宇部市(代表撮影)

将棋の藤井聡太、最年少19歳3カ月で四冠に

将棋 四冠達成者(年少者)

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が豊島将之竜王(31)に挑戦する第34期竜王戦7番勝負の第4局が12、13の両日、山口県宇部市で指され、後手の藤井三冠が122手で勝ち、4連勝でタイトルを奪取した。

 将棋界での四冠達成は6人目で、19歳3カ月は、羽生善治九段(51)の22歳9カ月を28年ぶりに塗り替える最年少記録。最高位の竜王をはじめ八大タイトルの半数を獲得し、名実ともに「藤井時代」の幕開けとなった。

 第4局は、中盤から形勢がもつれたまま終盤に突入。豊島竜王が優勢を築いたが、決め切ることができず、最終盤で藤井三冠に逆転された。

 終局後、新竜王となった藤井四冠は「まだ全く実感がない。最高峰のタイトルなので最高の栄誉。結果は出せているが、内容は課題が多いので、今後改善していけたら」と語った。無冠になった豊島九段は「(藤井四冠に敗れた)王位戦や叡王戦を合わせて実力不足を痛感した」と振り返った。

 14歳2カ月のプロ入りをはじめ、デビュー戦からの29連勝など数々の記録を打ち立ててきた藤井四冠にとって、豊島九段は昨年まで公式戦で6戦全敗を喫する苦手な相手だった。しかし今年に入って状況は一転。二人の間で戦われた王位、叡王、竜王の三つのタイトル戦は全て藤井四冠が制し、通算対戦成績も13勝9敗と逆転した。

 藤井四冠は、王将戦挑戦者決定リーグでも4連勝で首位をキープしており、年明け開幕の7番勝負の挑戦も視野に入ってきた。挑戦権を獲得すれば、名人、棋王と合わせ三冠の渡辺明王将(37)に五冠獲得を懸けて挑む大一番となる。