世界日報 Web版

萩生田経産相、核のごみ「最終処分地にしない」


青森県知事に説明、核燃料サイクルの主要施設が集中

萩生田経産相、核のごみ「最終処分地にしない」

青森県の三村申吾知事(右端)と会談する萩生田光一経済産業相(左端)=8日午前、同県庁

 萩生田光一経済産業相は8日、就任後初めて青森県を訪問し、県庁内で三村申吾知事と会談した。萩生田氏は、原発の使用済み核燃料の再処理後に残る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)について、「青森県を最終処分地にしないとの約束を引き続き順守したい」と改めて説明した。

 青森県には、使用済み核燃料からウランやプルトニウムを取り出す再処理工場(六ケ所村)など、使用済み燃料を再利用する核燃料サイクルの主要施設が集中している。

 核燃料サイクル政策をめぐっては、三村知事が「国民の理解と信頼がいまだ十分に得られていない」と指摘。萩生田氏は、引き続き同政策を推進していく考えを説明した上で、「国が前面に立って理解確保の取り組みを強化する」との考えを強調した。