世界日報 Web版

巨人がしたたか連勝、CSファイナルに進出


敵失出塁から強攻策、丸佳浩が逆転打、阪神をのみ込む

巨人がしたたか連勝、CSファイナルに進出

3回、逆転の2点適時打を放つ巨人の丸=7日、甲子園

巨人がしたたか連勝、CSファイナルに進出

プロ野球クライマックスシリーズ

 弱みを見せず、隙を突く。巨人は短期決戦の鉄則を完遂し、2連勝でファーストステージを突破。阪神を一息にのみ込み、「ぎりぎりの場面が多かった。しっかり守備ができた」と原監督。巧みな試合運びに拳を握った。

 したたかだった。0-2の三回、先頭の吉川が敵失で出塁。これに乗じれば潮目は変わる。後続が好調とみて、ベンチは強攻に出た。3連打で1点を奪い、2死満塁から丸が逆転の2点打。八回の敵失後には中軸2人の連続バントで崩し、追加点の布石を打った。元木ヘッドコーチは「あそこはとにかく1点。最後の守りも楽になる」という。

 主砲の岡本和を欠く以上、攻守とも1点にこだわる必要があった。「少しのミスが失点になる」と元木コーチ。三回には梅野の痛烈な当たりを若林が好捕し、三ゴロ併殺を完成。中堅の丸は四回に「傾向と投手の兼ね合い」との理由で右寄りに構え、ライナーに飛び込む好守で流れをつくった。

 秋の大失速から急浮上。神宮で待つヤクルトとの戦いを前に、勢いづいたのは大きい。「気持ちを新たに、挑戦者として立ち向かう」と丸。勝率5割未満のチームが日本シリーズに進めば、CS史上初。屈辱から日本一にはい上がるまで、足踏みするつもりはない。