世界日報 Web版

秋田の新ブランド米「サキホコレ」が先行販売


全国一斉に開始、「コシヒカリを超える極良食味品種」

秋田の新ブランド米「サキホコレ」が先行販売

佐竹敬久知事(中央)(県提供)

 秋田の新ブランド米「サキホコレ」の先行販売が6日(土)から全国一斉にスタートする。来年1月末までに、米穀専門店や百貨店、スーパーなどで約400㌧(県内100㌧、県外300㌧)が販売される。

 サキホコレは「コシヒカリを超える極良食味品種」をコンセプトに、食味に徹底的にこだわり開発された。「粒感のあるふっくらとした食感」「上品な香り、かむほどに広がる深い甘味」などが特徴で、県は秋田米の牽引(けんいん)役となることを期待している。

 先月末、農業団体と生産者代表から今年の作柄などについて報告を受けた佐竹敬久知事はサキホコレを試食し「食感がよい。食べているとお米の甘さがじわっと出てくる」と食味に太鼓判を押した。