世界日報 Web版

名古屋城、金箔で作られた「御殿印」を販売


本丸御殿ミュージアムショップで、「竹林豹虎図」あしらう

名古屋城、金箔で作られた「御殿印」を販売

名古屋城本丸御殿ミュージアムショップで販売が始まった(左から)御殿印とお守り(表)、お守り(裏)=21日、名古屋城

 名古屋城の本丸御殿ミュージアムショップ(名古屋市)は、全面金箔(きんぱく)で作られた「御殿印」(ごてんいん)とお守りの販売を始めた。

 御殿印は縦21センチ、横14・8センチで1万8000円。国の重要文化財で魔よけの虎が描かれたふすま絵「竹林豹虎図」(ちくりんひょうこず)をあしらった。

 お守りは縦8・1センチ、横5センチで2800円。金のシャチホコのシルエットが入っている。御殿印とお守りを製作した企業の担当者は「来年の干支(えと)は虎。疫病退散は金シャチで」とアピールしている。