世界日報 Web版

エリザベス英女王、COP26で首脳らに訴え


「真の指導者として力量発揮を」気候危機解決へ行動を促す

エリザベス英女王、COP26で首脳らに訴え

1日、英グラスゴーでの歓迎会で放映されるエリザベス女王のビデオメッセージ(AFP時事)

 英グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳級会合で、首脳らの歓迎会が1日夜催され、議長国・英国のエリザベス女王(95)のビデオメッセージが放映された。女王は首脳らに対し「目先の政治を超えて、真の指導者として力量を発揮してほしい」と述べ、危機解決に向けた行動を促した。

 女王はCOP26期間中にグラスゴーを訪れ、関連行事に出席する予定だったが、医師から当面静養するよう助言され、ビデオでの参加となった。

 緑色のドレスを着た女王は「誰もが永遠に生きることはない。それでも私たちは、自分たちでなく子供、そして彼らに続く者たちのためにこれ(会合)を行っている」と指摘。「言葉を行動に移す時が来た。歴史が示すように、各国が共通の目的のために共に行動すれば、そこには常に希望がある」と訴えた。(グラスゴー時事)