世界日報 Web版

京王線刺傷事件、無差別大量殺人計画疑いか


乗客17人負傷、所持のライターオイルは3リットル超か

京王線刺傷事件、無差別大量殺人計画疑いか

電車内に座り、たばこを吸う服部恭太容疑者=10月31日夜、東京都調布市の京王線国領駅(撮影した男性提供)

京王線刺傷事件、無差別大量殺人計画疑いか

京王線車内で警察官に確保された容疑者とみられる男(右)=10月31日午後、東京都調布市(目撃者提供)

 東京都調布市を走行中の京王線車内で乗客17人が刃物で刺されるなどした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された住所、職業不詳服部恭太容疑者(24)が襲撃時に所持していた可燃性の高いライターオイルは3リットル超に上るとみられることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 引火させる目的で、殺虫剤のようなスプレー缶を数本持ち込んでいたことも判明。警視庁調布署捜査本部は同容疑者が周到に準備の上、無差別大量殺人を狙ったとみて調べている。

 服部容疑者は10月31日午後8時ごろ、調布駅で特急に乗車直後、近くに座っていた都内の男性会社員(72)にスプレー缶を噴射。刃渡り約30センチの刃物で右胸を刺し、殺害しようとした疑いがある。男性は意識不明の重体という。

 捜査関係者によると、服部容疑者はその後、別の車両に移動し、ライターオイルのような液体をまきライターで火を付けた。車内から同容疑者が持ち込んだとみられるスプレー缶も見つかっており、これに引火して爆発したとみられる。

 同容疑者は「ライターオイルを約10個買った」と供述。逮捕時、所持していたリュックサックにはスプレー缶のほか、500ミリリットルのペットボトル数本があり、中にライターオイルとみられる液体が入っていた。火が付いた車両からは2リットルのペットボトルのほか、スプレー缶も見つかった。

 同容疑者は福岡市出身で、勤務先を退職した6月ごろ、事件で使用したナイフを購入しており、「このころから複数人を殺せば死刑になると考えるようになった」と供述。「仕事で失敗した」「友人関係がうまくいかなくなった」などとも話しているという。