世界日報 Web版

藤井聡太三冠、史上初の「10代四冠」に王手


竜王戦、豊島将之竜王に3連勝、意表を突く角打ちの妙手

藤井聡太三冠、史上初の「10代四冠」に王手

将棋の第34期竜王戦7番勝負第3局に勝ち、感想戦を行う藤井聡太三冠=31日午後、福島県いわき市(代表撮影)

 将棋の豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が挑戦する第34期竜王戦7番勝負の第3局で、先手の藤井三冠が31日、93手で勝ち、3連勝とした。同局は30日から福島県いわき市で行われた。藤井三冠はタイトル奪取まであと1勝とし、史上初の「10代四冠」達成に王手をかけた。第4局は11月12、13日に山口県宇部市で指される。

 形勢伯仲の緊迫した展開が続く中、2日目の午後に藤井三冠が敵陣に意表を突く角打ちの妙手を放ち、流れを引き寄せた。

 藤井三冠は終局後、「これで飛車がさばける(活用できる)形が出てきた」と勝負の分かれ目を振り返り、「判断力がまだ足りないと思った。第4局までに少しでも修正して、いい状態で臨めれば」と気を引き締めた。

 一方、かど番に追い込まれた豊島竜王は「内容を良くして、1局でも多く指せるようにと思っている」と静かに語った。