世界日報 Web版

上野通明さん、チェロ部門で日本人初の優勝


若手音楽家の登竜門、ジュネーブ国際音楽コンクールで

上野通明さん、チェロ部門で日本人初の優勝

ジュネーブ国際音楽コンクールのチェロ部門決勝で演奏する上野通明さん=28日、スイス・ジュネーブ ©Anne―Laure Lechat(時事)

 スイスのジュネーブで28日、若手音楽家の登竜門、ジュネーブ国際音楽コンクールのチェロ部門の決勝が行われ、ドイツ在住の上野通明さん(25)が優勝した。同コンクールの広報によると、チェロ部門の日本人優勝は初めて。

 同コンクールは1939年に設立され、ピアノやバイオリン、打楽器、声楽などの各部門で若い才能を発掘している。今回、チェロ部門の決勝には3人が進出し、上野さんはオーケストラとの共演でルトスワフスキの「チェロ協奏曲」を弾いた。

 上野さんは95年、パラグアイ生まれ。5歳の時からチェロを始め、2009年に韓国で開かれた「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクール」で日本人として初優勝。10年にルーマニア国際音楽コンクールの弦楽器部門、14年にはブラームス国際コンクールのチェロ部門でそれぞれ1位に輝いた。

 桐朋学園大の特待生として、チェロ奏者の毛利伯郎さんに師事し、15年からドイツのデュッセルドルフ音楽大に留学中。国内外のオーケストラと多数共演している。

 近年のジュネーブ国際音楽コンクールでは、10年にピアノ部門で萩原麻未さん、15年に作曲部門で薮田翔一さん、19年に同部門で高木日向子さんが優勝している。(時事)