世界日報 Web版

熱海土石流災害、盛り土の前所有者ら家宅捜索


静岡県警、遺族の刑事告訴受け業過致死容疑などで捜査

熱海土石流災害、盛り土の前所有者ら家宅捜索

静岡県熱海市で起きた土石流災害をめぐり、静岡県警の家宅捜索を受ける不動産管理会社=28日午後、神奈川県小田原市(画像の一部を処理しています)

 静岡県熱海市で7月に起きた土石流災害で、崩落起点となった盛り土のずさんな造成工事を行い、安全管理を怠ったとして、県警は28日、業務上過失致死などの容疑で、盛り土された土地を所有していた神奈川県小田原市の不動産管理会社や同社代表(71)の自宅など関係先を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した。

 遺族の瀬下雄史さん(53)=千葉県=が8月、同社代表を業務上過失致死容疑で、現在の土地を所有する者を重過失致死容疑でそれぞれ県警熱海署に刑事告訴し、受理されていた。

 熱海市などによると、盛り土が造成された土地は小田原市の不動産管理会社が2006年に取得し、07年から盛り土造成を開始した。同社は市に対し、盛り土の高さを15㍍と届けながら、実際は3倍余りの約50㍍にまで上ったとみられている。土地は11年2月に現所有者に売却された。

 市は危険性を認識し、11年に安全対策を強制的に行わせる措置命令の発出を検討したが、防災工事が始められたため、発出を見送った。

 災害は今年7月3日に発生。崩落した盛り土が土石流となり、26人が死亡、1人が行方不明になり、約130棟が被害を受けた。遺族ら70人は前所有者の不動産管理会社などを相手取り、32億円余りの損害賠償を求め提訴している。