世界日報 Web版

日本選手団の公式ウエア、北京もオリパラ共通


JOCとJPCが発表、「一丸となって盛り上げたい」

日本選手団の公式ウエア、北京もオリパラ共通

披露された北京冬季五輪・パラリンピックの日本選手団公式服装。今夏の東京五輪・パラリンピックと同じく、北京の公式服装も五輪とパラで共通のデザインとなった=27日午後、東京都新宿区(代表撮影)

 日本オリンピック委員会(JOC)と日本パラリンピック委員会(JPC)は27日、来年2、3月に行われる北京冬季五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式服装を発表し、機能性を高めたデサント社製の赤いダウンジャケットとグレーのパンツなどが披露された。

 渡航や式典用としては紺のジャケットとグレーのパンツが用いられる。今夏の東京五輪・パラリンピックと同じく、北京の公式服装も五輪とパラで共通のデザインとなった。

 東京都内で開かれた発表会で、「TEAM JAPAN」のエンブレム入りのダウンジャケット姿で登場したスピードスケート女子の高木美帆(日体大職)は「申し分ないウエア。一丸となってこの冬を盛り上げることができたらうれしい」。障害者アルペンスキー女子の田中佳子(Tポイント・ジャパン)も「3月のパラリンピックのスタートに立てるように頑張りたい」と意欲を新たにした。