世界日報 Web版

競泳の萩野公介が現役引退を表明「やり切った」


リオ五輪400m個人メドレーで金、「第二の人生頑張る」

競泳の萩野公介が現役引退を表明「やり切った」

記者会見で引退を表明した競泳の萩野公介=24日、東京都港区(代表撮影)

 2016年リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(27)=ブリヂストン=が24日、東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。すがすがしい表情で「やり切ったという強い気持ちがある」と語った。3大会連続出場となった東京五輪前に引退の意思を固めていたという。

 萩野は栃木・作新学院高3年時に出場した12年ロンドン五輪の男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。16年リオ大会では同種目で金、200メートル個人メドレーで銀、800メートルリレーで銅と三つのメダルを獲得。17年にプロに転向した。

 19年に不振による長期休養もあったが、東京五輪では200メートル個人メドレーで6位に入った。今後については「いろんなことにチャレンジして第二の人生を頑張りたい」と語った。