世界日報 Web版

反田恭平さん、ブーニン氏から「素晴らしい」


ショパン・コンクールで2位、本選で演奏する夢が叶う

反田恭平さん、ブーニン氏から「素晴らしい」

第18回ショパン国際ピアノコンクールで演奏する反田恭平さん=18日、ワルシャワ © Wojciech Grzedzinski/Darek Golik(NIFC)

 ポーランドのワルシャワで行われたショパン国際ピアノコンクールで2位となった反田恭平さん(27)は、受賞から一夜明けた22日、時事通信社の電話取材に応じ、スタニスラフ・ブーニン氏ら歴代の優勝者から「素晴らしい」「頑張って」などとメッセージをもらったことを明かし、「応援してくれた方々あっての賞だと思う」としみじみ語った。

 反田さんは、ポーランドのショパン音楽大に在学中。現地に身を置きながら、じっくり今回のコンクールに備えてきた。振り返れば、出場を志したのは12歳の頃だった。「恥ずかしくてあまり人には言えなかったけれど、ショパンのファイナル(本選)で弾くのが一つの夢だった」と話す。

 本選で演奏したショパンのピアノ協奏曲第1番は「世界で一番好きな曲。落ち着いて楽しく弾けた」と声も弾む。3度の予選と本選向けに用意した「17曲全てを弾けたことを誇りに思う」とも語った。

 4位に入賞した小林愛実さん(26)とは幼なじみだ。「今回は6時間会わなかったら『久しぶり』ってなるほど一緒にいた。ファイナリスト全員が前回なら入賞していると思うぐらい、レベルが高かった。2人でファイナルに残れてほっとした」と、世界最高峰の舞台を共有できた喜びをかみしめた。