世界日報 Web版

日本のバレエ界を牽引、牧阿佐美さんが死去


大腸がんのため87歳で死去、著名なダンサーを育てる

日本のバレエ界を牽引、牧阿佐美さんが死去

牧阿佐美さん(バレエ指導者)

 舞踊家、指導者として日本のバレエ界を長年けん引した牧阿佐美(まき・あさみ、本名福田阿佐美=ふくだ・あさみ)さんが20日午前11時35分、大腸がんのため東京都内の自宅で死去した。87歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は夫の三谷恭三(みたに・きょうぞう、本名福田恭三=ふくだ・きょうぞう)氏。後日、お別れの会を開く予定。

 日本バレエ界の草分けだった橘秋子の長女に生まれ、4歳で初舞台を踏んだ。1954年にバレエ留学で渡米し、アレクサンドラ・ダニロワらの指導を受けた。帰国後の56年に母と「牧阿佐美バレエ団」を結成。71年に現役を引退して以降は、同団主宰として後進の育成に専念し、草刈民代さんや上野水香さんら著名なダンサーを輩出した。99年から2010年にかけ、新国立劇場の舞踊芸術監督を務めた。

 96年に紫綬褒章を受章し、08年には文化功労者に選ばれた。