世界日報 Web版

小林愛実さん、4位入賞に「素直にうれしい」


入賞逃した前回を上回る、目指す音楽を「ぶれずに追求」

小林愛実さん、4位入賞に「素直にうれしい」

20日、ポーランドのワルシャワで行われたショパン国際ピアノコンクールで演奏する小林愛実さん(EPA時事)

 第18回ショパン国際ピアノコンクールで4位に入った小林愛実さんは、受賞発表から一夜明けた21日、日本のメディアの取材に応じた。本選に進みながら入賞を逃した2015年の前回を上回る結果に、「素直にうれしい」とすっきりした笑顔を見せた。

 「出るからには優勝できたらいいとは思っていたが、それがすべてではなく、過程に意味があった」と小林さん。この6年間で成長し、自分が目指す音楽を「ぶれずに追求」できたことが良かったと振り返った。

 3度の予選に臨みながら「気負わないように」と自らに言い聞かせたという。同時に、本選に進むことへの重圧を強く感じていたことも明かした。

 2位に入賞した反田恭平さんは幼なじみで、「近所のお兄ちゃんみたいな存在」。同じ大舞台に立ったことは「不思議だったし、うれしかった」と笑った。(ワルシャワ時事)