世界日報 Web版

メーガン妃父のマークルさん、孫と面会希望


英テレビがインタビュー、「子供のため丸く収める時期に」

メーガン妃父のマークルさん、孫と面会希望

ヘンリー英王子(左)と妻メーガン妃=9月25日、ニューヨーク(AFP時事)

 ヘンリー英王子の妻メーガン妃の父親トーマス・マークルさんは19日、英民放ITVの番組で、王子夫妻の長男アーチー君と長女リリベットちゃんに会わせてほしいと同妃に懇願した。メキシコの自宅でインタビューに応じた。

 メーガン妃と疎遠になっているマークルさんはこの中で「私たち双方が成長し、話し合い、子供たちのために丸く収める時期に来ている」と述べた。その上で、2019年に誕生したアーチー君と今年6月に生まれたリリベットちゃんに一度も会えていない現状について、「ばかげている。(ヘンリー王子との結婚から)4年近くたっている。常軌を逸している」と批判した。

 元テレビ局照明監督のマークルさんはメーガン妃が子供の頃に離婚した。心臓の手術などを理由に王子夫妻の結婚式を欠席。メーガン妃は式後、父親との連絡を絶ったと言われる。(ロンドンAFP時事)