世界日報 Web版

中日の山井と藤井、悲喜こもごもの引退試合


山井「歴史に爪痕残せた」、藤井「中身濃かった16年」

中日の山井と藤井、悲喜こもごもの引退試合

引退セレモニーでファンに手を振って応える中日の山井(左)と藤井=13日、バンテリンドーム

 中日一筋で活躍した2選手が引退試合に臨んだ。山井は先発登板して、1番塩見から低めのスライダーで空振り三振を奪い、「いろいろな思いがこみ上げてきた」と涙を見せた。1番右翼で出場した藤井は、その裏の打席で外角球を見逃して3球三振に倒れ、苦笑いでベンチへ下がった。

 山井は2007年の日本シリーズ第5戦では、八回まで完全投球を見せ、「プロ野球の歴史に爪痕を少しでも残せたのは望外の喜び」。藤井は「死球に始まり、見逃し三振に終わった16年。中身が濃かった」と実感を込めて話した。